嫌な予定の乗り越え方

シフトで嫌な人と被る

持久走がある

会社の面接がある

明日になってほしくない!嫌だ!!!

そんな経験はありませんか?

ストレスに弱すぎて学校につくまで永遠にごねていたおsalが、嫌な予定を乗り越える方法をご紹介します。

日記を書く

私の経験の中で一番効果があったのは日記を書くことです。

大事なことはこの2つだと思っています。

  1. 不安の正体を探る
  2. 嫌なことも過ぎ去るのだ、ということを繰り返しで覚える

1つずつ説明します。

不安の正体を探る

嫌な予定が入ると途端にもやもやとした正体不明の不安に襲われることはありませんか?

まずは、その不安がいくつあってどのようなものなのかを把握します

そうすることで、気持ちを落ち着けることができ、場合によっては対策を立てることができます。

例えば、会社の面接が怖い場合

不安の原因に、「うまく答えられないかもしれない」というものがあったとします。

それがわかれば、その日まで怯え続けるのではなく、「面接の練習」という対策を立てることができます。

夢中になるほど恐怖も薄れるし、準備ができるほど心が軽くなります。

不安の正体を理解すれば、不安を減らせるんです

嫌なことも過ぎ去るのだ、と繰り返し覚える

日記にあらかじめ、「明日の持久走が怖い」と書いてしまいます。

自分が不安なことをありったけもりもりにして全部吐き出します。

そして、次の日「持久走が終わった後の気持ち」を書きます。

これを繰り返すことで、嫌なこともきちんと過ぎ去るというのを体で覚えます

私は7年間日記を書いていて何度も怖かったこと、不安だったことを日記に書きました。

そのおかげで、不安な予定がある時に昔の日記を読み返して、この時も不安だったけどきちんと終わらせることができた、と自信を持つことができます。

それでも乗り越えられないこともありますが、日記は確実に力になってくれます。

日記を書いて不安を減らそう

日記は自分の中の本音と向き合うことができるので、不安を乗り越えるのに非常に効果的です。

不安で不安で周りからの声も耳に入らないことがありますよね。

でも、日記は過去の自分の事実です。

過去に同じようなことがあり、自分はその日を乗り切った。

この経験は大きな大きな味方です!

  • 不安の正体を探る
  • 嫌なことも過ぎ去るのだ、と繰り返し覚える

日記の2つの効果を利用して、不安な予定を乗り越えてください。

おsalも応援しています。

頑張ってください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました