「マネーフォワードME」とは?使い方や特徴「PayPay」との連携法をご紹介!

簡単家計簿アプリ「マネーフォワードME」

先月何に使ったか思い出せない…

気づいたらクレジットカードの請求が大変なことになっている

複数のクレジットカードや口座、ポイントーカードをまとめて管理したい…

そんな経験はありませんか?

私もノートで家計簿をつけてみたり、レシートを撮影する家計簿アプリを使ってみた経験がありますが続きませんでした༼;´༎ຶ ۝ ༎ຶ ༽

後で記録しようと思ったレシートが山のように貯まりました。

今回ご紹介する「マネーフォワードME」

クレジットカードとの連携でレシート撮影不要!

購入した商品のジャンルを自動で割り振ってグラフ化!

無料版でも十分使える

ズボラさんでも楽々管理できるのでぜひこの記事を読んで役立ててください!

また、「PayPay」との連携ですが、厳密にいうとPayPayを連携させることはできません
しかし、直接ではなく間接的に連携させる方法があるので後程ご紹介します。
連携方法だけが知りたい方は上の目次から「PayPayと連携させる方法(間接)」を選んで飛んでください

機能

実際のアプリの画面と一緒に「マネーフォワードME」でできることをご紹介します。

総資産額の表示

こちらが、ホーム画面になります。

青枠:連携している口座の金額を合計して、総資産額を表示します。

黄色枠:レシートを撮影したり、連携しているクレジットカードの記録から今月の家計簿を作成します。

複数の口座で管理している場合、全体でいくらになるのかを計算するのが面倒ですよね。

「マネーフォワードME」は、アプリを開いてすぐのホーム画面に合計金額を表示してくれるので、一目で確認できてとても便利です。

最近の入出金を表示

クレジットカードを使っているとついつい細かい支払いを忘れてしまって請求額が来てから驚くことはありませんか?

「マネーフォワードME」では、このように最近の入出金を表示してくれるので細かな支払いを忘れてしまう心配がありません。

わざわざそれぞれのカードのアプリやサイトを開く必要がなく、まとめて表示してくれるのも嬉しいです。

家計簿機能

家計簿機能が本当に便利!!!!!

購入した商品を自動でジャンル分けしてくれるので、何に使いすぎてるのか簡単に確認することができます。

また、無料版でも一年前までさかのぼることができるので、予算決めや、使い過ぎの原因を見つけることにとても役立ちます。

口座預金額、カードの使用額の表示

それぞれの銀行の預金額カードの使用額次回の引き落とし額を表示してくれます。

クレジットカードの使用額、引き落とし額をすぐ見られるのは本当に便利。

買い物に行く前に確認して、使い過ぎを防いでいます。

PayPayと連携させる方法(間接)

最初にも書きましたが、「マネーフォワードME」と「PayPay」を連携させることはできません。

しかし、「PayPay」にチャージした金額を記録することは可能ですので、その方法をご紹介します。

ただし、「PayPay」で獲得したポイントを記録することができないので注意してください。

Yahoo!カードから連携

「Yahoo!カード」をお持ちの方は、カードから連携することができます。

まずは、連携先を追加ボタンをタップします。

選択項目の中からカードを選択してください

検索ボックスに「Yahoo」と入力します

いくつか候補が表示されるので「Yahoo!カード」をタップします

IDとパスワードを入力して、連携完了です。

口座から連携

「PayPay」と連携させている口座を「マネーフォワードME」と連携させることで、チャージ金額を記録することが可能です。

「Yahoo!カード」を持っていない方はこちらの方法で連携させてください。

右下にある連絡先を追加をタップ。

表示されている中から、銀行を選択。

様々な銀行が表示されます。

その中から「PayPay」と連携している銀行を選択して連携してください。

以上で「PayPay」との簡易的な連携方法の紹介は終わりです。

「PayPay」はとても便利で使っている人も多いと思うので、ぜひ役立ててください!

セキュリティ

「マネーフォワードME」では、明細の表示に必要なWebサイトの「ログインID」、「パスワード」情報のみを預かり、実際の振り込みに必要な情報は一切取り扱わないので勝手に入出金されることはありません。

詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

便利な「マネーフォワードME」でラクに家計簿管理

新型コロナウイルスの影響で節約を意識された方も多いと思います。

「マネーフォワードME」を活用して、ラクに家計簿管理を始めてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました